「住みたい」ではなく「住みやすい」へ。アルヒの街選びの価値を変えたアワード起点の統合マーケティング。

「本当に住みやすい街大賞」

クライアント名 アルヒ株式会社
業種 金融・保険・M&A
この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥13,000,000〜[一式]
目的
イベントを話題にしたいコーポレートブランディング統合マーケティング市場創造/カテゴリー創出型PR
見積もり内訳
PRイベント
タレントキャスティング
KOLキャスティング
ビデオリリース

与件

企業としての知名度の向上を最大の目的として、更に長く続く企画を実施することで市場における企業・サービスの浸透を図ることと、大きな話題性を獲得することで、単なるパブリシティ獲得だけではなく、売り上げ拡大や企業・サービスそのものへのブランディングに寄与する企画を実施してもらいたい。

活動内容

長く続く企画として、「毎年恒例」となりうるアワード型のPR企画を提案。企画からPRプランニング、イベント制作、タレントキャスティング、サイト制作、その他アドでの活用など包括的に実施。また、アワード型の企画名を既に多くの方に知られていた別会社のランキング発表の企画を意識した名前にすることで、メディアや消費者へのスムーズな浸透を図った。

成果

2017年に第一回「本当に住みやすい街大賞」として関東近郊エリアを対象に実施し、大きな話題を獲得。その後、毎年年末の関東開催に加え、関西、東海、九州、東北とエリアを拡大し計7回実施し、恒例行事化に。「憧れ」や「理想」の街をベースに取り上げられることが多かった、メディアの報道内容を、「住む環境」や「コストパフォーマンス」などの「現実的な基準」に向けさせることに成功。パブリシティを通して、住む街選びの基準としてメディア・一般に向けても定着しつつある。

この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥13,000,000〜[一式]
目的
イベントを話題にしたいコーポレートブランディング統合マーケティング市場創造/カテゴリー創出型PR
見積もり内訳
PRイベント
タレントキャスティング
KOLキャスティング
ビデオリリース
シェアする