驚異の前年比6200%UPを達成!Zoff「ブルーライトカットレンズ」の拡販に成功した戦略PR

驚異の前年比売上6200%UPを達成!Zoff「ブルーライトカットレンズ」の拡販に成功した戦略PR

クライアント名 株式会社インターメスティック
この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥6,000,000〜[一式]
目的
商品/サービスを話題にしたい
見積もり内訳
・PR活動(スポット)
・TVPR成功報酬費

与件

ブルーライトカット追加料金0円サービスローンチ時における話題量の増加を図りたい。

活動内容

・「デジタル時差ボケ」をコミュニケーションワードとし、
リモートワークや休校など、コロナ禍のモーメントを捉えた価値定義を行い、
ターゲットに自分ゴト化してもらうことを狙ったブルーライトの悪影響啓発活動を実施。

・眼科医監修の元で、デジタル時差ボケチェックシートを開発。
さらに、コロナ禍でのデジタルデバイス使用状況等も調査PRを通して抽出。

・PRでメディア露出を図るPRと並行で、「デジタル時差ボケ」でのリスティング広告、
「デジタル時差ボケ」に関するオウンド記事の作成なども展開。

成果

「デジタル時差ボケ」=コロナ禍での新たな現代病として話題を生み、主に3つの成果を達成しました。

・テレビ露出4件を含む、合計150件以上のメディア露出獲得
・オンラインストア全体の受注件数が前年比5.5倍に増加
・ブルーライトレンズの受注件数が前年比62倍に増加

この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥6,000,000〜[一式]
目的
商品/サービスを話題にしたい
見積もり内訳
・PR活動(スポット)
・TVPR成功報酬費
シェアする