鳥取県のコロナ禍でもファンを獲得し続けたこれからの自治体PR事例

鳥取県のコロナ禍でもファンを獲得し続けたこれからの自治体PR事例

クライアント名 鳥取県
業種 官公庁・地方自治体・公共
この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥20,000,000〜[年間]
目的
動画を使ってプロモーションしたい観光PR(アウトバウンド/インバウンド)
見積もり内訳

与件

メディアに鳥取県の話題が取り上げられるよう
パブリシティ活動を行うことで、
鳥取県の認知度・好感度の向上を目指す。

活動内容

・年間パブリシティ広報活動
・旅の疑似体験動画の制作
・インスタLIVEの実施

成果

動画再生累計30万回(広告配信込み)やインスタLIVEの7.5万人以上にリーチなど、
結果として、コロナ禍という苦境にあっても時代に合わせたコミュニケーションを行うことで、
パブリシティではなかなか見えずらい未来の観光客獲得につながるファンの醸成に寄与

この事例の費用と内訳
費用イメージ
¥20,000,000〜[年間]
目的
動画を使ってプロモーションしたい観光PR(アウトバウンド/インバウンド)
見積もり内訳
シェアする